忍者ブログ

クーラー病になっていませんか?

クーラー病という症状があります。クーラー病は実はとてもコワイものなのです。クーラー病(エアコン病)について詳しい情報をお届けします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




クーラー病とは、体の冷え、倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、下痢
神経痛、生理不順などが主な症状だといわれます。

一見すると、夏バテとよく似てるいのですが、
クーラー病と夏バテでは原因が異なります。

夏バテは汗がうまく蒸発せず表面に残ってしまい、
のぼせたような状態になることから始まります。

クーラー病は体温調節ができずに汗をかけなくなってしまう状態
になることです。

体の表面は暑いので、体が暑いと錯覚してしまって
クーラーの設定温度をもっと下げたくなってしまい、
悪循環に陥ってしまいます。

クーラー病というと、女性がなるものだと思いがちですが
男性もなります。
鼻水や鼻づまりなどの鼻かぜ症状や肩や腰だけ冷えたり、
風邪をひきやすいなどの体調不良、下痢や便秘に悩まされます。

クーラー病の状態になると
体の免疫力も低下して、いつでも風邪を引ける状態なので要注意です。
なまものなどの食あたりも起こしやすくなります。

夏にクーラー病になると、冬の冷えにもつながります。
一年中体の調子がおかしくなることにつながるので
クーラー病は軽くみてはいけないですね。
とてもコワイものなのです。

PR



クーラー病にならないための基本は、
外気温と室温の差を5度以内にするようにすること。

自律神経が対応できるのは、温度差5℃以内くらいまでだからです。

バッグに入るような薄手のストールやカーディガンなどを持ち歩く。
職場ではひざかけ、厚手の靴下などで風を直接体にあてないようにします。
クーラーが効いている部屋の中では、
首、肩、膝、足首をださないことが基本です。
また、体を締めつける服や靴は血行が悪くなるのでなるべくさけましょう。

遮光カーテンやすだれ、スクリーンを使って日光と熱を遮りましょう。

外出から帰ったら真っ先に冷房を入れるのではなく、
まずは換気です。

部屋内部にたまった熱をまず外に逃がすことで、
部屋の温度が下がりやすくなります。

クーラーの冷気は下へ下へと逃げていきます。
2階にある部屋や、廊下や階段に続く部屋は、
カーテンや扉で冷気が逃げないように工夫して。

また、除湿運転ですと設定温度が高くても体感温度は下がります。

クーラーと一緒に扇風機やサーキュレーターを併用するのも効果的です。
自分にクーラーや扇風機の風があたらないようにしても
部屋はちゃんと涼しくなりますよ。









Yahoo!ブックマークに登録

次のページ>>
Copyright ©  -- クーラー病になっていませんか? --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]パソコン通販 アイフォン / 忍者ブログ